検索ボックス
 

2019年08月11日

ギター

前回のブログが2018年3月・・・1年半ちかくさぼってました(>_<)
久しぶりの投稿では、これまた超久しぶりのギターネタです。

ここ3年くらい、出張もなく、ひたすら沖縄にこもってつつましい暮らしをしていたわけですが、先日ほんとに久しぶりに東京出張の機会がありました。
仕事は土曜日終日でしたので、金曜夜に東京に飛んで、土曜日は仕事。夜は旧友に会い、翌日曜日は午前中に入院している母を見舞い、そのあと実家に(何年ぶりだ・・・)寄りました。弟は不在でしたが、弟のお嫁さん、双子の甥っ子、父には会うことができました。

しかしですね・・・僕はほんと親不孝なんだと思いますが、今回実家に立ち寄った一番の理由は・・・実家に放置していたギターを1本、沖縄へもっていこうということでした。

これまた超久しぶりなんですが、先日、前から安い割によさそうだなと思っていたアコギ(アコースティック・ギター)があって、アマゾンなどでウォッチしていたんです。そしたら1ロット作ったら当分作らないのか、売り切れて、そこそこ安い値段で買える店ではどこも売切れ・入荷未定になっちゃって。

しまった・・・この手のバーゲンプライスでそこそこ良いやつは、見つけた時がポチるときだと、前からわかっていたのに、最近の緊縮家計生活習慣がすっかり身についてて、そうこうしてるうちに売り切れ・・・(´;ω;`)

けっこうがっかりしていたんですが・・・いいの見つけちゃったんです。同じモデルなんだけど、それの限定モデルで、塗色が大人っぽいビンテージグラデーション・・・ お値段は標準モデルよりちょっと高かったけど、今度こそ逃すまい!なんといっても限定モデルであらせられるぞ・・・とポチっちゃったわけです。

それが、これ・・・Epiphone のEL00-PRO Limited Edition というやつ。

GTR_Epiphone001.jpg

普通の赤茶のサンバーストよりも、こっちのほうが大人の男っぽい色で気に入ってます。
あとなんで、このEL00というモデルを狙っていたかというと・・・僕が好きなアコギの音は、C.F.Martin D45と、Gibson J45という2本のギターのサウンドが理想でした。Martin D45は1本150万くらいするし、Gibson J45だって昨今のGibson 高額化の流れで30万くらいはする・・・それじゃとても今の腕前や使い方には高すぎて・・・

そこでこのEpiphone、形がJ45とほぼ同じ。色味も渋めのサンバーストでそこも同じ。そしてEpiphone自体はけっこう古いブランド・メーカーで、ビートルズも使っていたくらい歴史もあるけれど、今はGibson に買収されていて、Epiphone自体がGibosonのセカンドラインになっているわけです。

し・か・も・・・Epiphone EL00は安い店だと28000円位で買える!まぁ沖縄暮らしなので、そういう安い店だと送料が高いのが常で、それを考慮すると35000円くらい予算があれば買える、お値打ちモデル。

GTR_Epiphone002.jpg

安いったって、バカにできないですよ、最近の安いギターは・・・
ヘッドのロゴは一応、貝みたいだし、マホガニーボディにトップはスプルース単板。ペグはグローバーだし、しかもFishman のピックアップまで内臓してる・・・(@_@) なんて恵まれてるんだ、今の若者は・・・!

因みにこちらがFishmanのピックアップのコートロール部。

GTR_Epiphone003.jpg

サウンドホールのすぐ内側に、PODが2つあって、Volume とToneになってる。そしてケーブルのジャックがストラップエンドピンに内臓されてるから、見た目はまったくの生ギター。最初、ギターケーブル、どこにさすのかわかんなくて、さがしちゃいましたよ、おじさんは・・・

そして弾いてみた。僕が40年前に買ったメインで使っていたアコギはS・ヤイリの定価10万円のモデルだったけど、あれはネックが永久保証だった。そのせいか、制作者の好みなのか、ネックがクラッシックギターのように幅が広くて、指板のRも少ない扁平型。僕は手は大きくないので、実はかなり弾くのが大変だった。

ところがこのEpiphoneのネックはエレキギター並みに細い!弾きやすいじゃないか・・・

そして音。狙っていたGibson J45の雰囲気、CSN&YやGAROの音が出したかったんだけど、まさにその感じの音が出る。とてもこの値段でこういう音のアコギが買えると思ってなかったので、とってもうれしい誤算だった!

というわけで、40年ぶりのアコギ・・・指が痛いし、久しぶりすぎてまともに指も動かないけど、やりたかった曲を待ちきれずにやってみた。それがこちら・・・


演奏はアレなもんで、それよりギターの音を聴いてください。
ストロークでちゃんとジャリーンと厚みもあるし、ソロフレーズでは鈴が転がるような張りのある音色・・・まさにGAROのアコギサウンド・・・ ポチった直後は、たいしてうまくもないのに、ギターばっかり増えちゃって、無駄遣いかな・・・やばいな・・・ってちょっと思ったけど、買ってよかったです(#^^#)

そして最初の話しにもどります。出張で持ち帰ったギターね。
いま住んでる家って、築2年で新しい集合住宅。つまり・・・〇東建託や、レ〇パレスのやつらが、大量生産して安物健在を世に広めてしまった影響をもろ受けてる建物です。
見た目は洒落てるんだけど、もうね、建物の躯体が共鳴板状態なんだよね。昔の木造安アパートみたいに、囁いてても会話が聞こえるなんてことはさすがにないけど、ちょっと歩いただけでも天井や壁全体から低周波の共鳴波が出どころ不明の音みたいによくなるんだよね・・・大正から昭和初期の、文化住宅の方がよほど文明的な強度もってたと思うよ。

また話がそれた。つまり、音の出る楽器はだめだ、と入居時に言われてたし、実際ピアノやベースのような低音が出る楽器は絶対にアウトな住居ってこと。ピアノはまぁ常識的にないとしても、最近のTVやオーディオは重低音がよく出る作りになってるから、そういうのもそうとう気を遣う。

それで東京の実家に置いてあるギターというのがこれ。

GTR_Godin007.jpg

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、エレガット(エレキ・ガットギター)です。
ソリッドボディなので、このまま弾いてると、ヤマハのサイレントギターと同じで、隣の部屋にすら聞こえないくらいの音しかでない。しかしエレキ仕掛けなので、アンプにつなげば、いわゆるクラッシックギターに近い音が出せる。

ボディこそエレキギター然としてるけど、ネックとヘッドはもろ、クラッシックギターの佇まい。

GTR_Godin002.jpg

で、ボディをよくみると、ちょっと変わったコントロールがついてるんです。
アップでみるとこれ。ギターのボディに向かって左上部分にコントロールが集中してます。

GTR_Godin004.jpg

ながいこと触ってなかったので、どれがどれだか今は思い出せない・・・が、何に使うかというと、これ、ポリフォニックのギターシンセサイザーピックアップが内臓されているんです。
だから、13PINのDINケーブルジャックがついてて、それをRoland やヤマハのギターシンセサイザーにつなぐことができるんです。
つまり・・・アコギも弾きたいし、最近のレコーディング趣味でも、アコギの音が打ち込みMIDIでは限界がある・・・しかし家で音は出せない。おお、実家にギターシンセサイザー、放置してたから、あれもってきたら、サイレントで弾いてラインどりでギターの音源に充てればいいじゃね?と思ったわけです。

なので、東京からこのギターを持って帰るよう、弟に玄関口に出しておいてもらって持ち帰ったんですけど、その直前に、実際のアコギまでポチってしまったので・・・結局ギターが5本になっちゃったというわけ。

でもいわけすると、全部、音のタイプが違うので、レコーディングで使い分け上、必要最小限な組み合わせなんですよ。一応。

つまり・・・

Epiphone EL00:スチール弦のアコギ。絶対エレキや打ち込みでは再現できない生ギターの音。
Godin ACS:クラッシックギター音+ギターシンセ
Fernandezストラトタイプ:シングルコイルのエレキギター
AX40 Starling by Musicman:ハードロックに特化したハンバッカーエレキギター
Ibaneze SDGR:ベースギター

という使い分け・・・でもこれ、うちの奥さんには音の違いはよくわからないらしい。
でも僕が買ったギターを気に入って、せっせと録音してニヤニヤしているのをみて、「いい買い物になってよかったね」といってもらえた。いつもありがとね!

GTR_Sets001.jpg




タグ:音楽 ギター
posted by macangel at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ

2018年03月17日

外国からのクルーズ船

うちはどちらかというと沖縄の田舎エリア。
沖縄をざっくり区分すると、那覇・浦添の那覇寄りあたりがまぁ都会から街というカタマリで、そこに隣接する豊見城・浦添・宜野湾までが郊外。それを囲む糸満市、沖縄市あたりがまぁ地方の中心地にあたるか。
で、沖縄市の更に北東に隣接する、我が街、うるま市は、田舎と街の中間かな。人口は11万人で、県内第三位の人口規模ではあるんだけど、1位の県庁所在地である那覇市ですら人口は86万人・・・ということは東京なら世田谷区にもちょっと負けてる程度。

そんなわけで、うちの住環境というのは、周りに海や森もあって、なかなか自然には恵まれている。
ちょうど下の写真だと、中城湾の向こうにひろがる街エリアの右の丘の上あたりに自宅がある。

LsIMG_6331.jpg

なもんで、自宅からも一応、海は見渡せる。これ、沖縄県民にはあまり重視されないというか、沖縄生まれで沖縄育ちの多くの人が、自宅から海が見えるってことに、県外出身者からすると信じられないくらいに興味も価値も感じていないんでびっくりしたもんです。

それはおいといて、ある日自宅から窓の外に目をやると、いつも見えているビルが大きくかさばったように見えた・・・

sIMG_0855.jpg

埋立地の工業団地にある肥料の倉庫なんだけど、よくみたらその裏に、でかい倉庫ビルよりでかい建造物が・・・

これでした。

sLIMG_0869.jpg

Quantum of the Sea というクルーズ船で、2015年に建造された当時、世界で2番めに大きな船だそうです。
通常、ここまで大きい船だと大概那覇港に泊まるんですけど、最近沖縄へのクルーズ船が増えているので、那覇が空いていなかったんでしょうね。でないとこんな田舎にきても秋葉原も日本橋もないし。

しかし近づいてみるとでかいですね、この手の船って。

sIMG_0867.jpg

普通のカメラのレンズだと1枚に入り切らない・・・(@_@;)
救命ボートだって3階建てくらいあるし、全天候型だし、色はサンダーバード4号みたいだし・・・
タイタニックの頃よりも確実に快適性が進化しているのがわかりました。(どんだけ古いんだ、比較対象が)

sIMG_0863.jpg

普段、中城湾港(自宅から見える港)だと、もう少し小さな、下の写真くらいのクルーズ船しか来たことがなかったので、ちょっとびっくりな1日でありました。

2018-03-21 23.17.44.jpg

しっかし驚くのは、この船でくる(主に中国人)が、この港からまっくらで結構な距離のある道をぞろぞろと歩いてイオンモールに買い物に行ってるんだよね!

まぁ沖縄県内で買い物してくれるのはうれしいけど・・・自分だったらしないだろうなと。

身近に自宅周辺でもインバウンドの変化を見た日でもありましたとさ。




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2018年02月28日

変な自販機

またまた見つけました(見かけました)、変な自販機。

まずこれ。

おもしろい自販機2.jpg


なんだかよくわかりませんね。僕もよくわかりませんが・・・

何の自販機化を示しているのでは?と思えるところには「心の在り方を探す旅」???
他には、「沖縄各地の方言のネット学習券2ヶ月分ついてます」とか。

何を売ってるのかわからないので、更に近寄ってみると・・・

おもしろい沖縄自販機1.jpg


ブツとしては、Tシャツ、手ぬぐい、ハンカチ、ストラップのようです。
しかも「故障中」でした。
そもそも、もう少し何が買えるのか?何を売りたいのか? もう少しわかりやすく説明する姿勢は見せたほうが良い気がしました。ディープ沖縄は、この手の内輪ネタ的、ギャグ?な商品やディスプレイがすごく多いですね。

次の販売機はこちら。

卵の自販機01.jpg

タマゴの自動販売機がありました。

卵の自販機02.jpg

こういう機械、1台だけじゃ制作費も高くつきそうだし、生花の販売機のような、ある程度のサイズがある壊れやすい商品販売用の汎用モデルがあるんですかね?


商品であるタマゴ・・・この機械の中でどのようにスタックされているんだろう?
缶ジュースの自販機のように、ころがり落とすタイプじゃタマゴ割れそうだし、内部をぜひ見てみたい自販機です。

因みにこの自販機設置場所の2回は、タマゴカフェ!?
そして隣に建っているアパートの名前が・・・

卵の自販機04.jpg

愛卵土(アイランド)・・・(^_^;)
沖縄、この手の、今どき族だって恥ずかしくて使わないような、漢字の当て字ネーミングも非常に非常に多いです。
沖縄に旅行でいらしたら、ぜひ、そんな目でも見てみてください。かなり多いですから。
それにしても、この一画、どんだけ、タマゴ愛の濃い区画なんでしょう。


他に自販機は普通ですが、その中身で沖縄らしいのもありますよ。

沖縄ドリンクミキJweb.jpg

沖縄ではおそらく知らない県民はいないであろう、「ミキ」
ウコン入りとか、フレーバーも何種類かあるようです。

それとか・・・

沖縄バヤリースJweb.jpg

バヤリースも、沖縄では非常に強いブランドでして、
日本市場からは撤退しても、沖縄だけは現地法人が他の資本下に入り直しても存続するほど。

これもアメリカ支配の影響ではあるわけですが・・・
フレーバーも王道のマンゴー他、グァバとかシークヮーサーとか、沖縄ならではの品揃えです。




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2018年02月10日

音楽やりたい!

レースに出られなくなって5年以上経過・・・
去年は1回だけ、スポットでレースに出てみたけど、とにかくカラダが弱ってしまていて、1レースどころか数ラップも走れずじまい・・・
長いことレースだけが僕のストレス解消だっただけに、今は心からストレスを癒せることが無くなっちゃって、非常につらい。

それで昨年6月から、音楽、それもクラッシック熱が再燃して、毎日聴きまくっているわけなんだけど・・・
聴くばっかりじゃなくてやっぱり自分でも演奏したり歌ったりしたい!特にストレスやプレッシャーから一時でも離れるために、なにかに没頭したり発散したり、そんなことにすごく飢えてきた。

それで昔からの友人と最近「またバンドか宅録やりたいよね~」なんて話に花を咲かせている。

Newギター09Jweb.jpg

それで聴くのはクラッシックがほとんどなんだけど、弾くのは70年代から80年代のロック・・・(^^;)
とりあえず、ギターとベースは手元にあるので、音楽かけながらそれに合わせて弾いてたり・・・

しかし・・・楽器はレース以上にブランクが大きくて、そもそも昔からたいしてうまくないもんだから、今の演奏レベルが悲しい状態。

Newギター03Jweb.jpg

で、唄もうたいたいってなるわけ。(そうなのか?)
で、マイクはある。コンデンサータイプのが1本。ところが、マイクプリアンプとか、レコーダーとマイクの間にいれる器材がすべて東京に置いたまま。

MTR環境Jweb.jpg

なので、結局マイクもあっても使えない状態で、唄も唄っていない。
声だって、出していないとどんどんでなくなるし、カラオケもいいけど、けっこう行けるときは混んでたりするし、禁煙ルーム沖縄は異常に少ないし。

だーかーらー、昔の友達と、ブランク持ち同志で、バンドか宅録したい・・・とここで最初に戻る。はぁ。






posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ

2018年01月30日

沖縄各地で桜祭り、始まりました。

もう10日ほど前から、ちらほら桜が咲き始めていましたが、先週末から沖縄県内各地で桜祭りがはじまりました。

LIMG_0604Jweb.jpg

ご存知のように、沖縄の桜は「寒緋桜」・・・
ソメイヨシノや八重桜などの淡いピンク、かなり白に近い桃色の花ではなく、そのほとんどは紅梅と見まごうような濃いピンク色の小ぶりの花です。

沖縄では桜前線は、本島北部の名護・八重岳から開花して、中部、南部と南下していくため、メインの桜祭りは名護のイメージが強かったのですが・・・
今や各地でご当地イベントを増やす競争も盛んなためか、それこそそこかしこで桜祭りをやっている感じになってきました。

LIMG_0622Jweb.jpg

こうしてみると、まだ1月なので三分咲き、里山の桜か梅か・・・
そんな風情です。

ちなみにここは八重瀬公園といって、那覇の南西にある、本島南部にある城址が公園になっている場所です。

LIMG_0584Jweb.jpg

まだ満開でないこともあってか、花見客も少なくて、落ち着いて観ることができたのでよかった・・・
ま、天気がもうちょっと青空だといいんですけれど、沖縄の冬は基本曇天なので、雨じゃないだけめっけもんかもです。

メジロもなかなかたくさん飛び回っていて、冬が明けるのももうそう遠くないんだなぁと・・・
メジロの目の周りって、白い羽毛が目から放射状に生えているんですね、よくみると。
ガングロが白いツケマ付けてるようで、アップでみるとなんか意外な感じ。

で、正面向いた瞬間・・・正面は苦手なアングルかもしれません(^^;)
なんか寄り目チックで、ユーモラス。

LIMG_0596Jweb.jpg

しかし、動きが速いし、基本ほとんど近づけないし(餌などの準備ゼロだったので・・・)、空は曇ってて若干暗いから、僕のレンズではなかなか良いクローズアップが決められません・・・難しい!
うまく撮るなら、枝になにか餌など仕込んで、レンズも500mmの明るいやつくらいもっていかないと正直厳しい・・・そうなればもう当然三脚も必須だし、大ごとですな・・・

LIMG_0579Jweb.jpg

今日見たなかでは、この木がいちばん淡いピンクだったかな・・・
あとはみんな、下の写真のような、濃い色の花でした。

LIMG_0558Jweb.jpg

驚いたのは、すでにサクランボ・・・実を付けている木まであったこと!

IMG_0600Jweb.jpg

早すぎでしょう・・・





タグ:祭り 寒緋桜
posted by macangel at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄